ホーム/ 企画展
企画展

夏の企画展 「夫とともに歩んだ道〜戦傷病者の妻として生きて〜」

 

 戦傷病者の労苦を語る上で、彼らを支え続けてきた妻たちの存在は欠かせません。戦傷病者の妻たちは、何かしらの不自由を抱えて生活する夫の目となり手足となって支え、苦難を乗り越えてきました。一部の重症者を除いて恩給が途絶えた戦後の混乱期には、苦しい家計を支えるために一家の稼ぎ手となって働いた人もいます。そんな中、精神的にも肉体的にも過酷な状況を、自らの手で変えようという動きが起こります。それが“傷痍軍人妻の会”でした。妻の会を通じて、同じ境遇にある人々との交流を深め、また恩給増加を国に訴えたりするなど社会運動の参加にまで及びました。
 苦境にあっても不自由な夫を常に励まし、強く生き抜いてきた妻たちの労苦を、傷痍軍人妻の会の資料と証言者の関連資料をもとにお伝えします。

 

 
期: 平成28(2016)年7月20日(火)〜 9月11日(日)
場: しょうけい館1階
入場料: 無 料
開館時間: 10:00〜17:30(入館は17:00まで)
休館日: 毎週月曜日 ※8月15日開館・16日休館
援: 千代田区
 

 

■関連イベント■

【中高校生・大学生による朗読会】

朗読者: 法政大学アナウンス研究会・千代田区立九段中等教育学校演劇部
容: 戦傷病者の妻たちの体験記を学生たちが朗読します。
時: 平成28年8月14日(日) 13:30〜15:30
所: 千代田区役所1階 区民ホール
その他: 当日参加自由・無料
 

【DVD上映会】

品: 「きらめく星座―昭和オデオン堂物語―」劇団:こまつ座
容: 時は昭和の15、6年。浅草のレコード店・オデオン堂の家族と下宿人たちは無類の音楽好き。その音楽好きも禍いし、一時は“非国民”と貶められて、またある時は娘が傷痍軍人と結婚して“軍国美談の家”と褒めそやされて・・・。
時: 毎週日曜日 13:00〜15:30 (2時間22分)
※8月14日は除く
所: しょうけい館証言映像シアター
その他: 着席での鑑賞希望の場合は要事前予約・無料
 

【フロアレクチャー】

学芸員が企画展の展示解説をします。

時: 7月30日(土)、8月20日(土)の14:00より約30分
その他: 当日参加自由・無料